MENU

二日酔いになりやすい飲み物とは

二日酔いになる原因はメタノール

お酒を飲む量や体質によっては二日酔いになりやすくなります。
また飲むお酒の種類によっても二日酔いになります。

 

その原因は、メタノールと言う物質の含有量にあり、アルコール度数が高いお酒には多く含まれています。

 

メタノールはお酒を作る工程で発生するもので、ビールは比較的少ないですがワインやテキーラ・ブランデーは一般的に含有量が多くなっているので酔いやすいと言われています。

 

メタノールとは一体何者なのか?メタノールが多く含まれているお酒はワインやテキーラ!

注射の消毒の時に使うおなじみのアルコールはエタノールですが、メタノールはどういったものかご存知ですか?

 

メタノールは体内に入り血液に吸収され肝臓で分解されますが、いつまでもメタノールが体内に残ってしまうとだるさが抜けず、分解の際に発生するホルムアルデヒドや二酸化炭素と言った有害物質により、めまいや頭痛・吐き気などが引き起こされます。

 

メタノールは薬で分解することが出来ないため、肝臓の働きを助けるような飲み物を飲むようにすると分解を早めることが出来て、メタノールを体内に残りにくくすることが出来ます。

 

特にワインやテキーラなどメタノールを多く含むお酒を飲んだ時には、次に上げるような食物を摂るようにすると二日酔いを防ぐことが出来ます。

 

ウコンが二日酔いに効果的な理由

良く知られている食物にウコンがあります。
ウコンにはクルクミンが多く含まれていて、肝臓の機能を回復させたり胆汁の分泌を促す働きがあるため、二日酔いを予防する効果があります。

 

飲酒の前にウコン入りドリンクやサプリメントを飲むようにすると、特に効果が実感出来るとされています。
もしウコンに抵抗があるようであれば、飲酒前や飲酒中に多くの水を飲むようにすると、とても効果があります。

 

水分が必要な理由 脱水症状を防ごう!

なぜならばアルコールには利尿作用があり、飲酒によって多くの水分が尿や汗と一緒に体外に排出されてしまいます。
よって軽い脱水が引き起こされ、頭痛や倦怠感と言った二日酔いの症状が引き起こされます。

 

そこで意識的にお酒と一緒に水を飲むようにし、特に就寝前に500ミリリットル程度の水を飲んで寝るようにすれば症状を防ぐことが出来ます。

 

締めのラーメンは二日酔い予防になる!

水以外に効果があるのは、塩気を含むスープです。
スープには水分と適度な塩分が含まれていますが、この塩分の補給も脱水の予防に大きな役割を果たします。

 

よく飲酒後の〆にラーメンを食べると言う人がいますが、これはとても理にかなっている方法であると言えます。
ラーメンのスープには、塩分と水分が含まれているからです。

 

ラーメンを食べることで、飲酒により失われた成分を補給することが出来るため、体もおいしいと感じているのかもしれません。
またスープやラーメンと同じ様に、塩分と水分を適度に含む鍋にも予防効果があります。

 

⇒ つらい朝にサヨナラ!二日酔いを予防するサプリの売れ筋ランキングはこちら