MENU

二日酔いになりやすい飲み方とは

そもそも二日酔いとは何なのか?

二日酔いになりやすい飲み方を理解するには、そもそも二日酔いと何かを理解しておく必要があります。

 

これは、アルコール飲料を摂取してからしばらくの時間が経過しているにもかかわらず引き起こされる、頭痛やめまい、吐き気などの身体的不快症状のことを意味しています。

 

一般的には夜、アルコールを摂取して眠ったその翌朝にこの症状を経験すると言うことが多いとされています。
このような症状を引き起こしているのはアルコールの中に含まれているエタノール、それが代謝されたアセトアルデヒドと呼ばれる物質です。

 

人間の体には、エタノールを代謝する機能が備わっており、それが十分に働いていれば、あるいは代謝しきれるエタノール量であれば、このような症状が発生する可能性は低くなります。
つまりエタノール代謝機能が低下するような飲み方、代謝しきれない量のエタノール、ひいてはアルコールを摂取するような飲み方二日酔いになりやすい飲み方と言うことができます。

 

 

二日酔いになる飲み方とは?

では、そのような飲み方としてはどのようなものが挙げられるかと言うと、ますはアルコール飲料だけを飲み続けると言うものです。
これでは、アルコールを分解する肝臓にかかる負担が大きくなりやすくなり、結果としてその代謝機能の低下を招くことにつながります。

 

また、エタノール摂取量に関しても、やはり量が増加してしまうことにもなります。
ですから宴会の席などでは、アルコール飲料だけでお腹を膨らませようとはせずに、食べ物やアルコール以外の水分を摂取することが求められます。

 

 

水分補給と飲むペースが大切!

アルコール1杯につき水も同量、飲むのが望ましいとされており、これはアルコールによる脱水状態を防ぐ効果も期待できます。

 

それから飲む量だけではなく、飲むスピード、ペースが速いのも要注意です。
乾杯の直後にジョッキ1杯のビールを飲み干す、と言うのは慣例のようにもなっていますが、これでは肝臓にかかる負担がいつも以上に大きくなってしまいます。

 

また、場の雰囲気などに飲まれて、飲むスピード、ペースが速くなっていくと、どれくらいの量を摂取したかと言うことにも意識が及ばなくなりがちです。
結果として量が増えることにもつながるので、自分のペースを守って飲むことが大切です。

 

 

タンパク質を含む食事を取っておくと二日酔いになりにくい!

空腹時にいきなりアルコール飲料を飲むのも、二日酔いにつながりやすい可能性が高いです。
これは体にアルコールが吸収されるスピードがはやくなってしまうためで、早く酔いやすくもなります。

 

しかし、その後も飲んでしまうことが多くなり、その結果、アルコール摂取量が多くなってしまうと言う具合です。
これを防ぐためには、アルコール飲料を飲む前にタンパク質を含む食品を摂取しておくのが望ましいです。

 

⇒ つらい朝にサヨナラ!二日酔いを予防するサプリの売れ筋ランキングはこちら